銀塩プリントを一緒に安く、お得に作りましょう!

皆様年賀状の作成は捗っていますか?
うちは今年から銀塩プリントの高級な年賀状を作ることにしました。

 

さすがに毎年いろんなとこから来る年賀状ですがお子さんはいらっしゃる家庭は皆さん1円プリント年賀状で送って来られます。

 

その中においてうちだけ未だに業務用レーザープリントのしょぼい年賀状を作っているのはとても恥ずかしくなってきました。

 

息子や娘達もなんで家はこんなペラペラの年賀状のかとお家に着いてきますしいい加減ここは銀塩プリントお年賀状に切り替えないといけないタイミングだと痛感しているところです。

 

ただし料金を調べてみると銀塩プリントにすることで結構値段が跳ね上がるんですよね。

 

特に今まで使っていた年賀状アプリも銀塩プリントを選択するとびっくりするぐらいお値段が高くなります。正直一般家庭にとってこの値上がり率は厳しいものがあります。

 

ですがアプリではなくて普通の Web サービスので年賀状印刷を調べてみると、 意外にも銀塩プリントでもそんなに高くない、いやむしろ安いのではないかと思えるぐらいの年賀状されてもちらほら見受けられるくらいでした。

 

この事実を知らないと結構サマになると思いますので私の方で銀塩プリントは特に安いと思われるオススメの年賀状印刷サイトミッキーとまとめてみたんです。

 

この情報はシェアしないのはとてももったいないのでもったいぶらずにいかにその情報を書いておきますね。

 

私のように今年から銀塩プリント jp をしたい方、またもしくは今までも銀塩プリントをお年賀状でやっていたけどももっと安くできたらいいなと思っているあなたのお役に立てるかと思います。

自宅のプリンタでは絶対にできない銀塩プリント年賀状

今年は子供が生まれたので子どもの紹介がてら、顔写真の入った年賀状の印刷を写真屋さんにお願いしました。

 

カメラのキタムラで、ちょっと高級ですが銀塩プリント仕様で、です。

 

でもいい品ができると想えば安い投資ですし、コスパは良いと感じます。

 

それまでは写真の年賀状を作ったことがありませんでした。

 

自分でデザインを考えて、絵を描いて、印刷も家でプリンターを使ってやっていました。

 

私が高校生くらいまでは「プリントゴッコ」を愛用していました。

 

父が絵が得意なので毎年作っていたのにならって一緒に作っていました。

 

プリントゴッコの販売が終了する直前まで愛用していたので終了するのがとても残念でした。

 

製版のパチンとまぶしいことや、マスターにインクをたっぷりつけることなど、思い出してみるととても懐かしいです。

 

小学生のころはシンプルな一版刷りでしたが、10年近く使った終盤では複数版刷りなど少し凝った年賀状作成をしていました。

 

ずれずに綺麗に仕上がったときはとても嬉しかったです。

 

友達からの評判もよく、どうやってつくったの?と褒められました。

 

キラキラさせる粉だったり、いろんな効果が出せるようにプリントゴッコの材料もいろいろだされていました。またプリントゴッコ、復活しないかな。

 

手書きから離れてしまい、すこし寂しい感じがします。

 

印刷された年賀状がほとんどになってしまっているので来年はまた手書きにもチャレンジしてみたいと思います。

アプリ、つむぐ年賀で上質な銀塩プリント年賀状を安く!

昨年からこのアプリを使っています。

 

年賀状のサイトでオシャレなものが作れるサイトはたいていがそのサイトで注文して基本料やデザイン料などが発生します。

 

私が探していたのは家でプリントできるものです。

 

このアプリはアプリ上で年賀状を作成してそれを自宅のプリンターて印刷することができます。

 

もちろんハガキ代とインク代以外は料金が発生しません。

 

また自宅にプリンターがない方や印刷が面倒だという方には注文できるシステムもあります。

 

この場合は憧れの銀塩プリントの年賀状も選択でき、思った以上に安いです。

 

ここはアプリしかやっていないので狙い目ですね!

 

そして何よりデザインが豊富でとてもオシャレです。

 

写真をいれるだけの簡単さや、こだわりたい方には色んなアイテムを組み合わせてオリジナルの年賀状を作ることもできます。

 

スマホに入っている子供の写真などを簡単に取り込み作れる手軽さがとてもいいと感じました。

 

またアプリをアップデートすることにより毎年新しいデザインに変わりますので便利です。

 

またスマートフォンやタブレット端末上のアプリなのでいつでも思い立った時に出来る事がいいと思います。

 

毎年年賀状はパソコンに向かいやる気を出していましたので、仕事の合間や移動時間など空いた時間にちょっとずつ進めて行く事ができるのでいつもより早めに完成させる事ができました。

 

私は毎年使いたいと思っています。

 

 

 

TOPへ