子供の外反母趾

『外反母趾』は大人の病気だと思っていませんか?実は、「子供」でも『外反母趾』になるのです。それは、何故なのでしょうか?「子供」の成長は早いので、すぐに足も大きくなるだろう・・・とサイズの合わない靴を履かせている場合もあるかと思います。サイズの合わない靴は、足の変形の原因になってしまうのです。更に、足の裏の刺激が足りない事も原因の1つとして挙げられます。昔に比べ、平らな地面が増え、外で裸足で遊ぶ「子供」も少なくなりました。足の裏には足底反射という機能があり、それが正常に働いているからこそ、しっかり足で体重を支えて歩く事ができるのです。しかし、足の裏の刺激が足りないと、足底反射が正常に機能しにくくなり、しっかり踏ん張って歩く事ができなくなってしまいます。そして、土踏まずも上手く発達せずに偏平足や『外反母趾』を引き起こしてしまうかもしれないのです。最近の「子供」が転びやすかったり、転んでも手をつかなくて怪我をしてしまう事が多いのは、その為ではないかと考えられています。「子供」のうちに『外反母趾』になってしまうと、上手く走れなくなったり、姿勢が悪くなったり、あちこちに体の痛みが生じるようになったりしてしまいます。「子供」が外で元気に走り回るという事は、成長過程において重要な事なのです。「子供」はあっという間に成長して大きくなります。靴はサイズが合っているか、歩いたり立った時の姿勢がおかしくないか、常にチェックする必要があると言えるでしょう。「子供」が健やかに成長できるよう、しっかり見守ってあげて下さいね!薬剤師の求人で残業無しで働けるところ