外反母趾の痛みをとる

日常的にハイヒールを履いている方の中には、『外反母趾』が痛くて辛いという方も少なくないでしょう。人間は、足の親指の付け根と小指の付け根とかかとで、全体重を支えて立って歩きます。歩く時には、親指の付け根に最も体重がかかると言われています。その親指の付け根が『外反母趾』によって突き出て来ると、突き出た部分が靴に当たるようになって痛みが走ります。親指の反り具合が大きくなればなる程、当たりやすくなり、タコやマメ等の症状も出て来て、更なる痛みとなってしまうかもしれません。一度痛み出すと、少しでも痛くならないようにする為に、かばうような歩き方をしてしまう恐れがあります。歩き方を変える事で、姿勢が悪くなったり、体に歪みが生じる可能性が高くなります。それによって、頭痛や腰痛等を引き起こす事も考えられます。まさに、悪循環と言えるでしょう。では、その悪循環の第一歩である痛みを少しでも軽減するにはどうしたらいいのでしょうか。その方法としては、「マッサージ」や「テーピング」等が挙げられます。痛みのある親指と人差し指を中心に「マッサージ」するのが良いでしょう。ただし、過度の「マッサージ」は痛みが増す可能性があるので、ほどほどにするべきだと言えるようです。更に効果的なのが、「テーピング」です。「テーピング」で中足靭帯を締める事によって、指がきちんと開くようになり、足裏全体を使って歩く事が出来るようになると言われています。「テーピング」で固定されているので、痛みも軽減され、間違った歩き方をせずに重心も正しくかかるようになります。手軽にできる方法で、『外反母趾』の痛みから解放された生活を送りたいですね。ココマイスター 鞄・バッグ・財布は売り切れが多いです

外反母趾の予防

『外反母趾』になると、歩き方や姿勢がますます悪くなったり、頭痛や腰痛等も引き起こされたりと良くない事ばかりです。何か「予防」できる方法があれば、知りたいと思いませんか?「予防」の方法として真っ先に挙げられるのは、靴選びです。ハイヒールやかかとの高い靴を履くのは、主に女性です。『外反母趾』にかかるのが男性よりも女性の方が多いのは、関節が柔らかくて筋肉が弱い為、変形しやすいという理由に加え、ハイヒール等のかかとが高くて先が細いような靴を履く機会が多いからだと言われています。人間の全体重を支えている足は、常に相当な負荷がかかっている状態です。その状態でかかとの高い靴を履けば、自然と足の指先の方に体重がかかります。更に、先の細い靴であれば、指は内側に圧迫されてしまい、『外反母趾』へと繋がるのです。まして、女性は機能性よりもファッション性重視で靴を選ぶ方が多いと思います。オシャレの為だし、多少合わなくても大丈夫かな・・・と我慢して履く事が悪循環への第一歩となるのです。指先に負荷を集中させないようにする為にも、自分の足にピッタリ合うヒールの低くて先の細くない靴を探す事が大事と言えるでしょう。また、パンストも締め付ける力はさほど強くありませんが、仕事等で長時間履き続ける事で少しずつ圧迫してしまいます。なるべく帰宅したらすぐ脱ぐ、パンストを履かずに靴下を履く日を設ける等の工夫をする事が「予防」になるようです。その他に、足裏の筋肉や足の指を使った体操も「予防」に効果的だと言えるでしょう。『外反母趾』とは無縁の生活を送れるようにしたいですね。重機買取リはトラック王国で!